週に1回パーソナルトレーナーについて体幹トレーニングを行った結果

筋トレ流行りですね。私は週に1回パーソナルトレーナーについて体幹トレーニングを行っています。

筋トレをはじめたきっかけは、あまりにも体に締まりがなくて、どんどん肥大していくのでヤバイ!と思ったことです。筋力がないと、たんにブヨっとするだけでなく、ちょっとした動作もめんどくさかったり、座っているときでさえ支える力が弱く疲れてしまいます。

動くのが苦手なうちは、腹式呼吸を中心に、寝ながらできるストレッチなどを多めに取り入れていました。腹式呼吸もあなどれません。おなかの中から筋力を鍛えるので、これだけでも血流もよくなって効果は大きいそうです。

脚を細くしたいならランジやスクワット。ランジは方足を前に出しもう一方の足は後ろにひきまっすぐ下におろす動きで骨盤の調整にもなります。スクワットはお尻~腿が強くなり締まる動きです。正しいフォームでやらないと、指先や腰の方向を間違えると変な筋肉がついて余計太くなるので注意です。

腕を細くしたいなら、ダンベルか水の入ったペットボトルを持って上げ下げしたり、タオルの両端を持って肩甲骨を動かしながら上げ下げします。腕が細くなうと同時に肩周りもすっきりします。1日に10回でもよいので、なるべく続けることが秘訣です。

週に1回は必ず筋トレを入れてますが、1週間でもとに戻ろうとするので、自分でも1回入れて週に2回ほど行うことにしました。毎日というのもあまり効果がなく、ちょっと刺激を与えるほうが効果的らしいです。

トレーナーからは、食事の内容も毎回聞かれるんですが、午前中からお昼は炭水化物を摂ってよく、夕方から夜は蛋白質を中心にした食べ方をするとダイエットによいと言われました。私は工夫して玄米を焚いておいて、炭水化物を食べたいなら玄米で、と続けています。蛋白質は、鶏肉と豚肉を多く摂ります。豚肉は茹でて利用することが多いです。

玄米なら白米に比べ糖質が低いのと、フィチン酸が含まれているため脂肪の燃焼を妨げる有害金属(水銀など)を排出しやすくするのでダイエットに向いています。あまり炭水化物を食べなさすぎもあとでリバウンドがくるので食べないよりは玄米をとりいれたほうがよいと判断しました。

1年続けた結果、動くのがおっくうということがなくなり、冬も夏も冷えをあまり感じないほど筋肉がつきました。食べても太りにくくなり、ちょっと太ってきたら腹式呼吸を多めにするなどの対策を行って以前のようなブヨブヨ疲れやすい体にはもう戻らないように気をつけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です